通夜の当日までに準備をしておくことがあります

葬式

通夜の当日までに準備をしておくことがあります

大切な人が亡くなってしまっら親族は慌ててしまって何をしたら良いのか分からなくなってしまいます。
通夜をしなければ故人を成仏させることができないので、事前に親戚同士で話し合っておくことが重要です。
葬式の日程が決まったら親族や故人の友人に連絡をしなければなりません。
電話でも大丈夫ですが、深夜に電話をかけると迷惑をかけてしまう可能性があるので、時間帯によってはメールやFaxなどで告知をすれば、相手に伝わります。
葬式は身内だけで行うものではなく、近隣の人と親交が深ければ近所の人に手伝ってもらいましょう。
問題が起きたら近くの人と話し合ってお手伝いを依頼してください。
葬式に参列する人数が決まったら通夜料理を注文しましょう。
料理の種類や量は葬儀社によって異なるので、常識のある範囲内で料理を注文するようにしたほうが参列者にも迷惑がかかりません。
通夜をするとなると色々な手続きをしなければならないので大変ですが、何をどこで注文するかはしっかりと決めておいてください。

お知らせ

一覧

家族葬なら喪主でもキチンとお別れができる

葬式は、家族で話し合うべきこと

通夜の当日までに準備をしておくことがあります

死産の場合にはどんな手続きをするか