家族葬なら喪主でもキチンとお別れができる

葬式

家族葬なら喪主でもキチンとお別れができる

通夜と告別式を含めて二日間に渡り行うお葬式は、標準的な葬儀です。
しかし喪主の方は何かと忙しく、本来一番悲しみを帯びた方が満足にお葬式を行えない、といった課題があります。
ですが近年では家族葬を行うご家族が非常に増えてきましたので、葬儀を検討中の際は、家族葬を視野に入れておくと良いかも知れません。
家族葬は仕事絡みの人を招かず、家族、もしくは極親しい人だけで行う葬儀です。
本葬の前にとり行う密葬と同意義でもあるため、他人との挨拶や対応に追われずに済むのが大きなメリットです。
本当にお別れをしなければならない人が、キチンとお別れをできる葬儀スタイルですから、その点でも注目が集まっています。
家族葬の定義やプランは各葬儀会社で違う場合も多いので、事前に確かめておくのが肝心です。
直葬や火葬式が家族葬という場合もあれば、それも含めて1日葬や、通夜や告別式も二日間行う、通常様式の家族葬を取り扱う葬儀会社も見られます。

お知らせ

一覧

家族葬なら喪主でもキチンとお別れができる

葬式は、家族で話し合うべきこと

通夜の当日までに準備をしておくことがあります

死産の場合にはどんな手続きをするか