死産の場合にはどんな手続きをするか

葬式

死産の場合にはどんな手続きをするか

出産は非常におめでたい出来事です。
今は医療設備が整っているので元気に出産できるケースが多いですが、昔は死産も多かったとされます。
何とか息をして生まれてきたとしても、その後すぐに亡くなることもあったようです。
死産となるとまだその子には戸籍や名前などもありません。
どんな手続きをする必要があるかです。
妊娠4箇月以降の死産や流産は、死産届が必要になります。
届をしたときに死胎埋火葬申請をし、その許可が得られると火葬をすることができます。
許可を得られないと葬式も行うことができないので大事な手続きになります。
死産直後だとお母さんはまだ大変な状態のこともあるので、父親に当たる人、その他の親族が手続きなどを行います。
死産の時にどう葬式を行うかに関しては特に決まりはありません。
家族のみで行うことが多くなるでしょう。
葬儀会社がいくつかのプランを用意してくれるので、その中から選ぶことが多いです。
手続きが重要になることを知っておきましょう。

お知らせ

一覧

家族葬なら喪主でもキチンとお別れができる

葬式は、家族で話し合うべきこと

通夜の当日までに準備をしておくことがあります

死産の場合にはどんな手続きをするか