亡くなってから葬式まで数日あるとき

人が亡くなれば、残念ですがその後はどんどん腐敗が進みます。
場合によっては臭いも出てくることがあります。
できるだけ早く葬式を執り行い、火葬をしてあげるのが故人のためと言えるでしょう。
火葬に関しては死後24時間以内は行うことができませんが、それ以降になるなら行えます。
火葬場の状況、葬儀場の状況などから予定を組むことになります。
葬儀を行わない日として友引があります。
もし友引に当たってしまうと、その日は火葬などができない可能性があります。
火葬ができない日があるとさらに火葬スケジュールが難しくなり、早くに葬儀を行えない場合があります。
この時はどうすればよいかです。
葬儀会社に相談をすると、いくつかの提案をしてもらえます。
葬儀会社には、遺体安置施設があります。
一定の温度に保たれているので、腐敗を防ぐことができます。
温かい季節であればこちらを利用するのが良いでしょう。
寒い季節なら、自宅でドライアイスを使って腐敗を防ぐ方法もあります。

イベント レンタル
豊富な品揃えがございます

バイク便
配達だけでなく、集金業務等のバイクの機動力を生かした業務請負も当社では行っております。

屋形船
お花見や花火観戦などにピッタリです

FX会社 比較
あなたに合った企業をお探しいただけます

発電機 レンタル
購入していただくよりもお安く済みます

最新投稿

お知らせ

一覧

家族葬なら喪主でもキチンとお別れができる

葬式は、家族で話し合うべきこと

通夜の当日までに準備をしておくことがあります

死産の場合にはどんな手続きをするか